top of page

よくあるご質問

  • 施設を利用するまでの流れ
    希望する施設に連絡し、見学・申し込みをします。 施設によっては申込金やキャンセル料が発生するところもあるので、見学の際に確認することをお勧めします。 複数の施設を申し込んで、早く空きが出たところに入居する。 一つの施設のみ申し込んで、空きを待つ。 など方法は多数あります。 しかし、申込から入居まで期間がある場合、いざ入居の案内がきたときにその施設の対象でない場合があるので注意が必要です。 当社には施設はございませんが、ご相談を受け付けたり、紹介したりするなどお手伝いをさせていただきますので、よろしければお問い合わせください。
  • 各介護福祉施設の違い
    介護保険施設に入所して受けるサービスを「施設サービス」と呼びます。 介護保険施設は、どのような介護が必要かによってタイプに分かれています。 入所を希望するときは施設に直接申し込みます。 【生活介護が中心】特別養護老人ホーム 常に介護が必要で、自宅では介護が出来ない方が対象。 食事・入浴などの日常生活の介護や健康管理が受けられる。 【介護やリハビリが中心】介護老人保健施設 病状が安定し、リハビリに重点をおいた介護が必要な方が対象。 医学的な管理のもとで介護や看護、リハビリが受けられる。 【医療が中心の施設】介護療養型医療施設 ※令和6年3月末廃止予定 急性期の治療が終わり、長期間にわたり療養が必要な方が対象。 介護体制の整った医療施設(病院)で医療や看護などが受けられる。 【長期療養の機能を備えた施設】介護医療院 主に長期にわたり療養が必要な方が対象。 医療と介護(日常生活上の世話)が一体的に受けられる。 どこの施設が合っているのか分からない、施設の特徴を知りたいなどございましたらお気軽にお問い合わせください。 お手伝いさせていただきます。
  • 介護認定について
    1.認定調査・主治医認定申請 市の窓口に申請をします。 直接窓口に行くか居宅介護支援事業者に代行してもらうこともできます。 当社ケアマネージメントセンターでも代行することが可能ですので、ご希望の方は お気軽にお問い合わせください。 2.意見書 申請書を提出すると、市の調査員が自宅に訪問し心身のことや介護の状況の聞き取りがあります。 主治医が介護が必要主病名や心身の状態についての意見書を作成します。 ※主治医がいないときは市が指定した医師の診断を受けていただきます。 3.一次判定 調査の結果をもとにコンピュータでどの程度介護の手間がかかるかを推計します。 4.審査判定(二次判定) どのくらいの介護が必要なのか審査します。 専門家で構成する介護認定審査会で調査の判定結果や認定調査による特記事項、主治医意見書などをもとに介護を必要とする程度に応じ、非該当、要支援1・2、要介護1~ 5の区分に審査判定します。 5.認定結果通知 申請から30日ほどで市から通知書が届きます。
bottom of page